同じ物件でも仲介する不動産会社により条件は違う

賃貸マンションやアパートには、管理会社と取り扱い不動産会社の看板が付いていることが多いです。全国の不動産会社どこからでも仲介を受けることは出来ますが、不動産会社側の事情や力関係により入居者へ提示される条件に差があることを知らない人がいます。仲介を受ける不動産会社の方針により、大家との交渉が可能・不可能の違いが出るのみならず敷金・礼金にも差が出ることがあるので注意が必要です。インターネットに公開されている物件ならば、複数の不動産会社を比較してから問い合わせると良いでしょう。

余計な費用は減らしましょう

賃貸物件を借りる際には、敷金・礼金・仲介手数料以外に本来必須ではない費用を不動産会社側の事情により請求されることがあります。具体的には、指定の火災保険への加入や指定業者による鍵交換、抗菌清掃作業代の請求などです。火災保険には業者により同じ保障内容でも2倍の価格差があり、鍵交換は価格に見合った耐ピッキング性能のものか確認する必要があります。抗菌清掃代金についてはシックハウス症候群を引き起こす可能性があるので、本来入居者による希望制としなければ生命に関わります。

元付不動産会社は調べておきたい

仲介斡旋専門の不動産会社の中には、オーナーや元付不動産会社との交渉をウリにしている会社があります。交渉力に自信がある仲介斡旋専門不動産会社ならば問題ありませんが、一般的な仲介会社は元付不動産会社へ丸投げして終わりというスタイルを採っている所が多いので避けたい所です。内見前に一度個人的に物件の外観を確認しに向かうと元付不動産会社が確認出来て良いでしょう。依頼事や交渉を行う場合には、オーナーか元付不動産会社との信頼関係が必要となるので、客付け不動産会社経由で契約しない方が有利だからです。

帯広の賃貸マンションは、賃貸なので引っ越したいときにすぐに引っ越すことができます。ですので、転勤が多い人に最適です。