注文住宅のさまざまな工法

注文住宅を建てるときに土地選びや間取り決めはとても大切ですが、同様にどのような工法で住まいを建築するかということはまず考えておきたいポイントになります。木造在来工法、ツーバイフォー工法、プレハブ工法などの工法次第でどのような住まいになるかが大きく変わってきますので、あらかじめさまざまな工法の違いを知ってライフスタイルにあったものを選び、長く愛着を持って住み続けられる理想のマイホームを建築しましょう。

日本で最も多く建築されている木造在来工法とは

木造在来工法は日本で最も多く建築されている伝統の工法を現代風にアレンジしたものです。木造の梁や桁を使って組んでいき丈夫さを出すため、地震にも強く、日本の風土にあっているのが特徴です。木造在来工法は大変幅広い選択肢の中から仕様を選ぶことができるので、こだわりの純和風の高級住宅から、費用を抑えたローコスト住宅まで広く対応することができるのもメリットです。間取りの自由度も高く将来のリフォームにも対応しやすいメリットがあります。

ツーバイフォー工法のメリット

北米からの輸入工法がツーバイフォー工法です。これは柱を使わず壁が建物の構造体となって支える、箱を組み立てるように建築していくのが特徴で、出来上がりは四角い箱のように可愛らしい形になり、人気があります。建築方法としてまず床パネルを作りそこに壁パネルをつけていきますが壁が構造体となるため、必然的に窓や間口が小さくなり、地震などの揺れにも強い構造になるので日本に合った強度の高い住まいを立てることができます。こうした住まいの工法の特徴を知って選び、安心のマイホームを建築しましょう。

分譲住宅とは違い、注文住宅は自分の好きなように家を設計することができます。いろいろと選択ができるので、分譲住宅よりもやすく建てることができるケースもあります。