下見をする際のポイントとは?

新居を探す際に、ほとんどの方は気になる賃貸住宅の下見をしますよね?なんとなく見ているだけでは、満足度の高い物件を見付ける事は出来ないんですよ。下見の際には、実際に家具を配置した事をイメージする事が重要なポイントとなります。コンセントの位置を気にかける方は多くても、それ以外の配線の位置や1日を通しての日当たりを気にする方は意外と少ないんですよ。しっかりと生活をする事を想像しながら設備や細かな点をチェックする事で失敗する可能性を大幅に抑える事が出来ます。

賃貸住宅全体の環境をチェック!

室内だけのチェック以外にも、チェックするべきポイントは多くあります。マンションやアパートといった賃貸住宅全体の設備・環境も忘れないようにしましょう。共有部分であるエントランスや廊下の汚れ具合や点かない照明がないかといった点で管理会社やオーナーさんが建物全体を大切にしているか把握する事が出来ます。また、どんな方が生活しているか気になるといった場合には、夕方以降の時間帯に下見をする事でファミリー層・単身者のどちらが多いか調べる事も出来るんですよ。

害虫・騒音トラブルを回避するには?

下見では判断しにくいのが、害虫や騒音トラブルですよね。害虫トラブルの場合は、賃貸住宅の1階部分や隣接している場所に食品を扱っている飲食店やコンビニがないかを確認する必要があります。また、契約を検討している部屋の両隣のベランダの清潔度合いもさり気なくチェックしておくと良いでしょう。騒音トラブルに関しても賃貸住宅周辺の駐車場・駐輪場に改造されている車やバイクの有無を調べる事である程度は回避する事が可能となっています。

帯広の賃貸マンションの契約をしたい時には、敷地面積や家賃の同場などに注目をすることが重要なポイントです。