家賃保証会社利用の普及

賃貸でなく、持ち家に対する指向が強かった理由のひとつに、保証人の問題がありました。賃貸物件を借りる時には、支払い能力のある親族の連帯保証が必要でした。しかし、特に年をとってから、そのような保証人を用意するのは至難の業です。そうした懸念があるから、持ち家を持たなければならないとされていた面があります。しかし、近ごろは家賃保証会社が増え、連帯保証人が立てられる人にも家賃保証会社の利用を義務付ける家主もいるほどです。

どうして今までなかったのか

家賃保証会社がこんなに増えているということは、採算の合う事業なのでしょう。なぜ今まで存在しなかったのか、と思うくらいです。もっと早くこうしたシステムができていれば、賃貸派はもっとずっと増えていたでしょう。家主側にしても、借り手の親族の個人保証より、家賃保証会社のほうがずっといいでしょう。家賃保証会社の利用が普及する以前は、得体の知れない名義貸しのような方法で、赤の他人の連帯保証人を用意するような業者もありました。

家賃保証会社の利用料金

家賃保証会社を利用するにも審査があります。その審査に通ったわけですから、払う気があれば払える人ばかりなんでしょう。だから、もし家賃が滞って、家賃保証会社が家主に建て替えることがあっても、借り手から回収することはできるわけで、それほど危険な事業というわけでもなさそうな気がします。利用料金は、それほど高くなく、リーズナブルなものです。家賃のひと月分前後です。連帯保証人を立てなくて済むなら、その方がずっといいという借り手は多いでしょう。

帯広市の賃貸マンションは、防犯性に優れている賃貸マンションになっているので防犯性を重視している人に最適です。