専任媒介契約は近頃減っているのか

不動産屋で扱っている賃貸物件のうち、多くは一般媒介契約が大家との間で結ばれています。専任媒介物件を結ぶと不動産屋が大家に対して定期的に状況報告をする義務が発生するので、大手不動産会社では面倒に思い賃貸物件で結ぶことは稀になりました。しかし、大家がしっかりと賃貸経営に乗り出している傾向が見られる専任媒介物件では、一度内見に行って話を聞いてみると不動産屋の人柄が分かって良いでしょう。手間がかかる方法で案内をする営業スタイルは、地元の不動産屋ならではと言えます。

専任媒介物件を多く抱えている不動産屋を選ぶ

大家への報告義務が重荷となりやすい専任媒介物件を多く抱えている不動産屋は、地元密着型の手堅い営業を行っていることで知られています。インターネットを利用した広範囲に募集する形態とは一線を画する募集方式で、足を運んだ入居希望者に対して地道に物件を探す努力をする傾向があるのです。不動産会社間で情報共有される専用システムに専任媒介物件は登録されるので、一般媒介契約と同時に行われることはなく多重申込が発生することが少ない特徴があります。

非公開物件に優良物件が多いのは理由があります

大家から入居者募集の依頼が入る前の段階で、地元密着型の不動産屋では管理会社を兼ねていることが多く、退室者の情報をいち早く把握しています。地元の不動産屋へ物件を探しに向かうと、少し待てればという条件でこれから入居者募集が始まる物件を案内してもらえることがあります。リフォーム前の段階から話をすれば、リフォーム時に要望が通ることがある嬉しい特典が付いてきます。壁紙貼り替えで自分の好みに反映出来たら嬉しいものです。優良物件を抱えている不動産屋ほど専任媒介物件を多く持っているのは、昔ながらの営業スタイルの影響といえます。

札幌の賃貸マンションは、鉄筋コンクリートで造られていることもあり、頑丈で地震に強い賃貸マンションになっています。